スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世田谷ボロ市(12月15日・16日)

12月15日(木曜日)、かの有名な「世田谷ボロ市」へ行ってきました。ボロ市に参加したのは初めてだったのですが、人出の多さにびっくりでした。ボロ市保存会の資料によれば、1日だけで20万人以上の人が繰り出すのだそうです。今年は12月15日・16日の2日間、開催され、来年1月15日・16日にも開催されます。


<ボロ市の由来>
・戦国時代に楽市として世田谷新宿に開かれた市は、徳川時代になって市町(いちまち)という名のもとに開かれていましたが、後に農家の作業着のつくろいや、草鞋(わらじ)に編みこむボロが安く売られるようになって、いつとはなしにボロ市の名が生まれました。草鞋をボロと一緒に編みこむと何倍も丈夫になるというので、農民は争って買いました。農閑期の夜なべの草鞋作りは大切な現金収入の副業だったのです。

・昭和のはじめころから見世物小屋や芝居小屋までかかりました。商品の売買とともに娯楽の場でもあり、親戚や知人との旧友をあたためる時でもありました。大正から昭和にかけての出店数は800~900店、多いときは2,000店にもなりました。近年は交通量の増大とともに場所もせばめられ、出店数は600~700店に減っています。商品も農耕具、古着などボロ市的な特徴あるものは少なくなり、かわって玩具、装身具、植木等が多く売られています。

<ボロ市の始まり>
・戦国時代末期、関東を支配していた小田原の北条氏政は世田谷城主吉良氏朝の城下町である世田谷新宿に楽市を開きました(天正六年1578年)楽市というのは、市場税を一切免除して自由な行商販売をみとめるというもので、毎月一と六の日に開いていました。(六斎市)この市により世田谷は江戸と小田原を結ぶ中間市場としてかなり繁栄しましたが、北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされ、徳川家康が江戸に幕府を開くにおよび世田谷城は廃止され世田谷新宿も城下町としての存在意義が失われてしまい、楽市もなくなりました。

・ただし、楽市の伝統は根強く続けられ、近郷の農村の需要を満たす農具市・古着市・正月用品市として、毎年十二月十五日に開かれる歳の市として長く保たれました。明治になり新暦が使われてから正月十五日にも開かれ、やがて十五、十六の両日に開かれるようになり現在に至っています。  ・・・世田谷ボロ市保存会資料より



ボロ市会場最寄り駅のひとつ世田谷線上町駅付近の混雑
ボロ市当日の世田谷線上町駅踏切付近



ボロ市スタート付近、まず食べ物関係が並んでいます
まずは食べ物屋さんが並んでいます




とにかく大勢の人で賑わっています
大勢の人で賑わっています




メイン会場の世田谷代官屋敷付近
メイン開場の世田谷代官屋敷付近




ボロ市保存会のブース
ボロ市保存会のブース




混雑する代官屋敷通り
混雑する代官屋敷前通り

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

tamachan

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。