スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根曲がり竹(黒姫)

タケノコといえば、通常は、モウソウダケを思い浮かべますが、長野県北部、黒姫山麓に住む人々
は、タケノコと言えば「ネマガリダケ」のことをさします。

ネマガリダケはクマザサの仲間のチシマザサ(千島笹)の別名で、丈は大きくても3メートルくらい
です。寒冷地に生えるネマガリダケ(根曲竹)は、春になると、新芽が出ますが、雪の重みでつぶさ
れ、真上ではなく横向きに生えてきます。それから上へ上へと伸びようとするために根の部分が曲が
ってしまうわけです。

このタケノコは格別でとにかく美味しいです。季節になると山地近くのスーパーや道の駅などで販売
されますが、収穫量が限られ、収穫シーズンも決められているため、高級山菜として扱われています。

このタケノコはむくのが大変で、一生懸命むくと、太めのものでもアスパラガスくらいの大きさ太さ
になってしまいます。ただし、あくがないため、アク抜きの必要がなく、ゆでればそのまま食べるこ
とができます。

採ったものをその日のうちにたべる「たけのこ汁」は美味しいです。黒姫山がある信濃町では
さばの水煮をあわせて食べることが多いそうです。

根曲がり竹は、しなりに強く、たわませても折れたりしないのが特徴で、隣の戸隠では、この
竹を材料とした竹細工が盛んです。


採り立てのネマガリダケ(根曲がり竹)
・撮影した日の早朝に黒姫山麓で悪戦苦闘の末、採ったのだそうです
nemagaridake


今朝、竹を採るのに4時間くらいかかったのだそうです。前日から降り続いた雨で山の中は
ぐしゃぐしゃで、それは大変な作業だったそうです。
ネマガリダケ


いきなりですが、硬い品種の「豊後」梅です
硬い梅「豊後」



豊後とネマガリダケをコラボしてみました
ネマガリダケと豊後梅



さばの水煮を使った、たけのこ汁
さばの水煮で作った筍汁


マヨネーズや味噌をつけ、サラダで食べるのも美味しいです
サラダで食べるネマガリダケ

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

tamachan

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。