スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝台列車ベトナム

ハノイから中国との国境の町ラオカイまでは専用の寝台列車に乗ります。

ディーゼルエンジンの機関車が引っ張る列車形式で編成は15両、
ハノイを午後9時過ぎに出発し、ラオカイまでは約8時間の旅です。
特別車のコンパートメントは狭いながらもウェルカムドリンクや
スナックなどが用意され、少々リッチな気分に浸る。

平日の夜行列車にもかかわらず大勢の観光客が乗り込み、ほぼ満員
で発車。

線路の状況なのか、横ゆれに加え、縦揺れも激しく、寝ていると、
思わず起きてしまうこともしばしば。うーん、縦揺れは不気味で
「脱線するのでは」とヒヤヒヤものでした。

翌朝、到着30分前に、車掌がにこにこしながらコーヒーを運んで来て
お礼を言って飲みましたが、到着直前に代金1ドルの回収作業あり、
「無料サービス」ではないことが判明、「それなら前もって言えよな」
と思わずささやいたものの、後の祭り。でも、美味しかったので「よし」
としましょう。

朝もやの中、午前4時半頃ラオカイ到着!「来たあ!」という
感じで、ちょっとワクワク。駅前にはサパ行きのワゴン車がズラリ
勢ぞろいし、しばし喧騒のときとなりました。

ラオカイから最終目的地サパまではおよそ1時間の山岳ドライブです。
私たちの乗ったワゴンのドライバーは超強気な運転で、カーブをものとも
せず、前から車が下りてこないことを前提に、車を抜きまくり、40分
ほどでサパに到着。

乗客の大半がそのままトイレに駆け込んだのは言うまでもありません。


ラオカイ行きの列車
ハノイからラオカイへ


ディーゼル機関車
機関車


特別車車内
寝台列車車内


ウェルカムセット
ウェルカムグッズ


コンパートメントでくつろぐ「さくらプロジェクトスタッフ」
コンパートメント


後で分かった「神風ワゴン」
ラオカイ駅前




テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tamachan

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。