スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台北旅行1

羽田に3本目の滑走路ができ、国際線ターミナルがリフレッシュしました。羽田は都心から近くて
便利です。国際線をさらに増便するため、再度ターミナルビルの拡幅工事が行われる予定で、完成
すれば便数はさらに増え、世界各地へ羽田から行くことができるようになります。

今回、初めての台湾旅行でしたが、ANAの羽田空港⇔松山空港便はとても快適でした。松山空港は
台北市内にあり、台北駅からは20分ちょっと、宿泊したホテルへも20分弱で着き時間を有効に
使えます。

宿泊したホテルは台湾の下町にあたる「迪化街」(てきかがい)のすぐそばにあり、こじんまりして
いましたが、とてもアットホームで、4日間を楽しく過ごすことができました。


<ちょっぴりいい話>

宿泊ホテルがあまり有名なところではなかったので(※ホテルの方ごめんなさいね!)
空港からホテルまでスムーズにいけるか不安に思い、ホテルに問い合わせをしました。
しばらくして、担当の方から添付ファイルつきの返信メールをいただきました。

添付ファイルには、ホテルの住所、電話番号のほか「ここへ連れて行ってください」という
メッセージが大きく書かれ、「これを印刷したものを持参してタクシードライバーに見せて
下さい」と添え書きがありました。

台北松山空港で、運転手に見せると、すぐにわかったようで、すんなりホテルに到着。
滞在中、ホテルに戻る時は、この紙を見せると、すんなりホテルに戻れ、本当に助かりました。

また、メッセージカードを作って、送ってくれたスタッフの方は私が到着した日は休みだったにも
かかわらず、ホテルに来てくれ、スムーズにこれたか気遣いをしていただきました。

マニュアルではできない素晴らしい対応にただただ感激した次第です。


羽田国際線ターミナル
羽田国際線ターミナル


羽田も結構広いです
羽田国際線ターミナル



富士山がきれいに見えました
眼下に見える富士山



台北松山空港タクシー乗り場
台北松山空港



後部座席の乗客もシートベルトをするよう促すメッセージ。旅行の数日前に台湾で活躍している
日本人女優がシートベルト着用を促したドライバーに暴行を加える事件があったので、しっかり
ベルトは着用しました。ちなみに、滞在中、シートベルトをするよう求めたドライバーは5割くら
いだったでしょうか。
後部座席もシートベルト着用



ホテルのすぐ近くに夜市があり、初日の夕食はそこで済ませました。寧夏路夜市(ニンシャンルー
イエシー)と呼ばれる夜市で、平日にもかかわらず多くの地元の人で賑わっていました。
値段は1品日本円で200円~300円くらいなのでとてもリーゾナブルです。
寧夏路夜市(ニンシャンルーイエシー)


このくらいの値段なので、懐に優しいです。(70台湾ドルで200円くらい)
たべものは日本より安い



えびチャーハンがとても美味しかったです。ただ、路上なので寒かったです。「炒飯郎」
エビチャーハン



鳥肉ラーメン。素材の味をそのまま生かした絶品でした。「炒飯郎」でえびチャーハンを
食べながら隣りのらーめん屋さんんからもってきてもらいました。夜市は何でもあり。
鳥肉ラーメン



帰りにホテルのそばのマッサージ店に寄ってみました。ビルの2階にある東方三郎の店という
ところですが、超レトロな店構えで一瞬入るのをためらいましたが、思い切って入ってみると
そこは理髪店兼マッサージ店。三郎さんと奥様、そして息子とおぼしき男性がいて、奥さんは
ある程度日本語が話せ、会話もはずみました。マッサージの腕も確かだったので、滞在中毎夜
通うことに。(足裏マッサージ、全身マッサージ)特に「耳かき」(耳そうじ)はここの名物
だそうで、初めての体験でしたが、とても気持ちがよかったです。夫婦とも日本の演歌が好き
でマッサージ中は昭和レトロに浸ることになりました。

台北市南京西路310號(号)二楼(二階)
02-2559-3737
東方三郎の店

マッサージ屋さん(東方三郎の店)


宿泊したホテル
皇家季節酒店(Royal Seasns Hotel Taipei)
ホテル夜景

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tamachan

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。