スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インカ帝国展

国立科学博物館(上野)でインカ帝国展が開かれています。(3月10日ー6月24日)

インカ帝国はアンデス文明最後の国家で、最盛期には南北4000kmに広がる地域を支配していました。
文字を持たない国家であったことから、全貌は謎に包まれていましたが、近年の研究で多くのことが
わかってきました。インカ帝国は1533年、最後の皇帝アタワルパが、スペイン人フランシスコ・ピサ
ロにより処刑され滅亡しますが、「インカ」そのものは消滅することはなく、独自の文化を育んでき
ました。

今回の「インカ帝国展」は160点あまりの展示物をもとに、帝国の始まり、帝国の統治、帝国の滅亡
(滅びるインカ、よみがえるインカ)、マチュピチュへの旅の4部で構成されインカの謎がわかりや
すく解説されています。

展示の最後の3Dシアター「マチュピチュの旅」は、コンドルの目線でマチュピチュを観ることがで
き、圧巻です。(※画面を見続けると、まっすぐに立っていられないような感覚になります)



上野公園の案内看板
上野公園の案内看板


上野公園
上野公園


科学博物館前の案内板
科学博物館前の看板


国立科学博物館正面(日本館) この建物は国の重要文化財に指定されています
国立科学博物館正面(日本館)


入口にある蒸気機関車
蒸気機関車が展示されています


入口横の広場 敷き詰められているのは「木」で、とてもいい香りがします
埋め込まれているのは「木」でとてもいい香りがします


インカ帝国展会場入口
入口の案内板


インカ帝国展パンフレット(表)
インカ展パンフレット


インカ帝国展パンフレット(裏)
インカ展パンフレット


この種の展覧会では、写真撮影不可がほとんどで、インカ帝国展でも主要な展示物の撮影は禁止
されています。今回は売店が併設されている第二会場に、撮影ができる場所が設けられていまし
た。

チャチャポヤ人断崖の墓説明パネル
チャチャポヤ人の埋葬パネル


断崖の墓「棺(ひつぎ)のレプリカ」棺背面にミイラを入れる開口部があり、そこにミイラを
入れ安置された。
断崖の墓棺レプリカ

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tamachan

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。