スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駒場野公園(目黒)

駒場野公園は、渋谷区と世田谷区にはさまれた目黒区の最北端にあります。最寄駅は、京王
井の頭線「駒場東大前」駅で、徒歩1分あまりの近さです。
渋谷駅から電車で数分の場所にもかかわらずとても静かで木々の香りが漂う素敵な場所です。

現在は目黒区の所有となっていて、樹木が生い茂り、小鳥たちもいて、バードサンクチュアリ
も楽しめます。また、デイキャンプができる広場もあり、近隣住民の憩いの場となっています。
公園の南側には体育館、テニスコートなどのスポーツ施設もあり、自然を楽しみながら運動も
できます。

この一帯はかつて笹が生え、松林が生い茂る原野でした。明治の始めには日本の農業の近代化
を図るため、この場所に駒場農学校が開設され、近代農業の教育・研究の場として活用されま
した。明治14年にはドイツ人のケルネル氏が農芸科学の教師として着任し、土壌や肥料の研究
を行い大きな成果を上げています。

園内に残っている水田は(※ケルネル田んぼと呼ばれています)これらの実験を行なった場所
で、今でも筑波大学付属駒場中・高生により稲作が行われています。駒場農学校はその後、東
京農林学校、東京帝国大学、農家大学を経て、東京教育大学農学部となり、昭和53年に筑波へ
移転しました。(東京教育大学は筑波大学と名前が変わっています)その移転跡地に整備され
たのが駒場野公園です。(昭和61年3月開園)



公園入口前を走る京王井の頭線(駒場東大前を過ぎて下北沢方面へ向かっています)
公園入口前を走る井の頭線


公園入口の石碑
公園入口の石碑


綺麗に清掃された道(入口を少し進んだところです)
園内は綺麗に清掃されていました


近代農学のうんちくが記載されていました
公園の成り立ちを書いた看板




ケルネル田んぼの説明
ケンネル田んぼの説明



林の奥にケルネル田んぼが見えます
林の奥に田んぼが見えます



ケルネル田んぼ
ケルネル田んぼ




水田の石碑
水田の石碑




園内の池
園内には池もあります



落ち着いた雰囲気の園内
落ち着いた雰囲気の園内




散歩に最適な公園です。気持ちがいいです
散歩にもってこいの場所です


テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tamachan

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。