スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目黒区駒場公園

目黒区駒場公園は、加賀百万石の当主だった旧前田家の前田利為侯爵駒場邸跡です。

建物は、昭和初期の和洋両建築の粋を集めたもので、化粧レンガやタイル張りの施さ
れた洋館は昭和4年、書院造りの和館は昭和5年に完成しました。和館は侯爵がロンドン
駐在武官であったことから外人接待用に建てたとも言われています。

戦後はGHQに接収され、連合軍司令官の官邸として使われました。その後、昭和42年に
東京都が公園として開園し、昭和50年に目黒区に移管され現在に至っています。
和館、洋館とも一般開放され、無料で見ることができます。


駒場公園正面入口
駒場公園入口(正門)


和館の説明
和館の説明



和館のいけがき
和館生垣


和館エントランス
和館エントランス



和館入口
和館入口



和館玄関
和館玄関



和館広間 和風庭園も見えます
和館広間



和館和風庭園
和館庭園



洋館は東京帝国大学教授塚本靖と宮内省の担当技師高橋貞太郎が設計を担当し、駒場の
田園風景にあわせたイギリスのチューダー様式を取り入れています。チュウダー様式は
イギリス後期のゴシック様式を簡略化したもので、玄関ポーチの扁平アーチに特徴があ
ります。外壁には当時流行したスクラッチタイルを貼り、落ち着いた雰囲気を漂わせて
います。

洋館外観 
洋館外観



洋館入口
洋館入口


入口アーチ
洋館入口


重厚な雰囲気の階段
見事な階段



2階広間
2階広間



前田利為侯爵書斎
前田利為侯爵書斎



前田利為侯爵、菊子夫人の寝室
利為侯爵と菊子夫人の寝室



見事なステンドグラス
ステンドグラス



エントランスから庭園をながめる
エントランスから庭園を眺める



庭園から洋館を眺める
庭園から洋館をのぞむ



庭園の端から洋館をながめる
庭園の端から洋館をのぞむ



もう一度洋館エントランスをながめる
洋館前の庭からエントランスをのぞむ

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。