スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別の歌 石碑(小諸義塾記念館)

小諸義塾の創設者である木村熊二は明治時代に女子教育に力を入れた教育者で、明治18年(1885年)には東京で明治女学校を創立しました。

木村は弘化二年(1845年)出石藩の儒者の子として京都に生まれ、江戸で学んだ後、京都で勝海舟の配下としても働いています。明治維新後アメリカに渡り、13年の留学生活を通じ西欧文化とキリスト教の信仰を身につけ、帰国後は高輪教会の牧師となり内村鑑三、新島襄らと親しく交わりながらプロテスタント指導者として活躍しました。

木村は、明治29年(1896年)小諸の青年小山太郎らの要請にこたえ、私塾「小諸義塾」を懐古園横に開設しました。その後、小諸町や有志の支援で明治32年に私立中学となり、島崎藤村ほか時代をリードする教師陣を招き以後13年にわたって佐久地方の青年教育に尽くしました。



小諸義塾記念館建物
小諸義塾記念館



小諸義塾記念館の説明文
記念館の説明(木村熊二)



小諸義塾記念館入り口
小諸義塾記念館入り口



小諸義塾記念館内部
小諸義塾記念館内部



島崎藤村写真(昭和8年)

藤村の四女柳子さんは南佐久郡臼田町井出五郎氏に嫁ぎました。写真は井出邸を訪れたときのもの

島崎藤村



小諸義塾記念館と惜別の歌石碑
記念館と石碑



惜別の歌石碑
惜別の歌の碑

作曲:藤江英輔(ふじええいすけ) 作詞:島崎藤村

1.遠き別れに 耐えかねて
  この高楼(たかどの)に 登るかな
  悲しむなかれ 我が友よ
  旅の衣を ととのえよ

2.別れと言えば 昔より
  この人の世の 常なるを
  流るる水を 眺むれば
  夢はずかしき 涙かな

3.君がさやけき 目の色も
  君くれないの くちびるも
  君がみどりの 黒髪も
  またいつか見ん この別れ

4.君の行くべき 山川は
  落つる涙に 見えわかず
  そでのしぐれの 冬の日に
  君に贈らん 花もがな


惜別の歌
惜別の歌



「惜別の歌」中央大学学生歌

この歌は島崎藤村の詩に、藤江英輔が曲をつけたものです。藤村の原詩は明治30年に刊行された「若菜集」に収録された「高桜」(たかどの)です。(※当初は惜別の歌ではなく高桜だったということです)藤村はその前年に小諸に恩師木村熊二を尋ね、ともに懐古園周辺を散策した時に詩想を得たといわれています。

藤江英輔がこの詩に作曲したのは昭和19年暮れの太平洋戦争末期です。当時、中央大学予科生だった藤江は板橋の陸軍造兵廠(しょう)に学徒動員され兵器生産に従事していました。同じ工場で働く学友に日々召集令状が届き、再会のかなわぬ遠き別れが次々と続き、その言葉に盡(つ)きせぬ思いを、藤江はこの詩に託して曲を付したのでした。それはいつしか出陣学徒を送る歌となりました。

戦後、この歌が別れを惜しむ抒情歌として一般化したとき「高桜」が「惜別の歌」に、「かなしむなかれわがあねよ」(原詩)が「かなしむなかれわがともよ」と歌い替えられました。以後、この歌は中央大学の「学生歌」として歌い継がれることになりました。

 You Tubeでの歌声はこちらをクリック





テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

Secret

プロフィール

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。