スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらプロジェクト

さくらプロジェクト主催の「第24回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が去る6月9日(土)に江東区豊洲の芝浦工業大学で開催されました。

さくらプロジェクトは、芝浦工業大学畑聡一助教授(当時:現同大名誉教授)とジャーナリストで写真家の三輪隆さんが、あまりにも貧しい山岳民族の人々の生活を目の当たりにし、日本人として何かできないか考え、共同で立ち上げた教育支援NGOです。
タイの活動は三輪さんが、日本での支援活動は畑先生が受け持つことになり、1991年4月にスタートし、昨年20周年を迎えました。昨年までで、卒寮生は300人を超え、国家公務員上級職に合格し中央省庁で活躍している人がいるほか、、タイ社会の各分野で活躍しています。

現在は、さくら寮を中心に、100名を超える子供たちが在籍し、小学校から専門学校、大学まで通っています。
さくらプロジェクトでは、一人の子供に一人の里親がつく里親制度を取り入れていることに特色があります。
毎年2回子供たちから里親へ手紙と写真が届きます。里親は里子がどういう状態にあるのか把握でき、子供たちも里親の目を気にしつつ学業に励むという好循環が生まれています。

タイ社会は20年前にくらべ格段に豊かになりましたが、格差も大きくなっており、山岳民族の人々の暮らしは決して楽ではありません。まだまだ学校へ行けない子供たちも多く、継続的な支援が必要な状況にあります。 
さくらプロジェクトでは随時、支援者の募集を行っています。里親の支援額は年間6万円です。このお金で、子供一人の年間生活費をまかないます。

支援を希望される方は、タイ事務局三輪さんまで連絡をお願いします。

sakura@loxinfo.co.th
pjsakura@hotmail.com                                                    

2012年6月9日(土)に行われた「タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」の告知ポスター
夕べの案内ポスター




さくらプロジェクト三輪隆代表(タイ・チェンライ・ナムラット村さくら寮在住)
夕べで話をする三輪隆さん
三輪隆氏(さくらプロジェクトタイ代表)



さくらプロジェクト共同設立者 畑聡一芝浦工業大学名誉教授(現さくらプロジェクト顧問)
夕べで話をする畑名誉教授
畑聡一芝浦工大名誉教授(さくらプロジェクト顧問)



清水郁郎芝浦工業大学准教授(さくらプロジェクト日本事務局長)
清水郁郎芝浦工大准教授(さくらプロジェクト日本事務局長)



夕べの様子
タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ



寮生集合写真(少し前の写真です)
子供たちの集合写真

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【さくらプロジェクト】

さくらプロジェクト主催の「第24回タイ山岳民族の暮らしを考える夕べ」が去る6月9日(土)に江東区豊洲の芝浦工業大学で開催されました。さくらプロジェクトは、芝浦工業大学畑聡一

コメントの投稿

Secret

プロフィール

tamachan

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。