スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

善光寺界隈の風景

善光寺は無宗派の寺院ですが、山内にある浄土宗の大本願と天台宗の大勧進により護持されています。日の出とともに本堂で始まるお朝事(おあさじ)は365日行われています。明治末期に本堂での宿泊が禁止されるまでは、参拝者の多くが本堂で一夜を明かし、翌日のお朝事にそのまま参列するのが一般的でしたが、今は境内にある39の宿坊が宿泊と参拝のための施設となっています。

因みに院は25、坊は14ありますが、院は天台宗(大勧進)の、坊は浄土宗(大本願)の管轄になっています。
大勧進の住職は「貫主(かんす)」と呼ばれ、大本願の「上人(しょうにん)」とともに善光寺の住職をつとめ、毎日お朝事に出仕しています。貫主は代々比叡山延暦寺より推挙される慣習になっており、大本願の住職(お上人さん)は、創建以来尼上人がつとめています。大本願の尼上人は代々皇室ゆかりの方々が入山されており、現在のお上人は第121世「鷹司誓玉大僧正(たかつかさせいぎょくだいそうじょう)」です。

大本願上人の歴史は古く聖徳太子の時代までさかのぼります。当時の権力者蘇我氏の長「蘇我馬子」の娘、「蘇我 刀自古郎女(とじこのいらつめ)」は聖徳太子妃でしたが、後に出家し「尊光上人」となり、大本願の開山上人となりました。以後、1400年にわたり、代々尼上人が継承されてきました。



大本願(浄土宗)入口
大本願本殿入口



大本願
大本願



大本願本堂
大本願本殿



大本願境内
大本願境内



松尾芭蕉の句 「月影や 四門四宗も 只一つ」

この句は、松尾芭蕉が元禄元年(1688年)8月に木曽路と更科の月見旅を楽しんだときに、
善光寺に詣で作句したもので、この旅の翌年に奥の細道で有名な奥州路への旅に出かけて
います。句碑は更科紀行300年を記念して建てられました。

松尾芭蕉の句碑



左:普賢菩薩、右:文殊菩薩   ・・学業成就のお参りで賑わいます
左:普賢菩薩、右:文殊菩薩



本理院地蔵

徳川家三代将軍家光の御台所として、関白鷹司信房の二女孝子が迎えられました。しかし、子供もなく、
家光没後は本理院殿と称し、淋しい生涯を72歳まで中の丸御殿でおくられました。
遺骨の一部は善光寺の霊屋に収められましたが、災害で焼失、天保三年(1833年)大奥の女性十八名が
供養のため地蔵を奉献しました。

本理院殿地蔵



水子地蔵尊
水子地蔵尊



善光寺仁王門

現在の仁王門は、大正七年(1918年)に全国の信徒の篤志により再建されたものです。仁王像および
背面の三宝荒神像・三面大黒天像は近代彫刻の巨匠「高村光雲」と「米原雲海」の合作です。
「定額山」(じょうがくざん)の額は「伏見宮貞愛(さだなる)親王」の御筆によります。

仁王門




善光寺境内「親鸞上人像」

鎌倉時代、浄土真宗の宗祖親鸞上人は、越後から東国への旅の途中で善光寺を参詣され、善光寺
如来の御前に松の枝を供えられたと言われています。この故事にちなみ、本堂外陣に置かれてい
る華瓶(けびょう)には、「親鸞上人お花松」と呼ばれる、松の若木がいまも欠かさず供えられ
ています。

親鸞上人像




延命地蔵
延命地蔵



大勧進本堂(天台宗)
大勧進本堂



聖観世音像
聖観世音菩薩




賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)

お釈迦様の弟子、十六羅漢の一人。なで仏ともいわれ、このお像を撫でた手で、自分の悪い
ところを摩る(さする)と病気が治るといわれています。

賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)



大勧進より善光寺を望む
大勧進より善光寺を望む



大勧進池付近からの「山門」の眺め
大勧進池付近からの山門眺望



大勧進、甲羅干しをする池の亀
大勧進池のかめ

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

善光寺山門

善光寺山門は、国の重要文化財に指定されています。平成の大修理後、二階への参拝が再開されましたが、いつも混雑していて参拝の機会を逸していました。今回、たまたま空いている時間帯にめぐりあい、初めて参拝することができました。桜上に書かれた「善光寺」の額(通称:鳩字の額)には「鳩が5羽」隠されていると言われていますが、その額を二階から撮影しましたので、鳩を探してみてください。

<山門の説明・・善光寺HPより>
 善光寺山門は、江戸時代中期の寛延三年(1750年)に建立されて以来、大勢の参詣者を本堂に迎え入れてきた歴史ある門です。様式は五間三戸二階二重門、屋根は入母屋造りの栩葺で、国の重要文化財に指定されています。
 弘化四年(1847年)の善光寺地震、昭和四十年代の松代群発地震などの影響で建物の基礎が損傷し、加えて全体の老朽化も進んだことから、平成十四年 (2002年)10月から平成十九年(2007年)12月までの約五年間、初の大規模な修復工事となる平成大修理を実施いたしました。これによって、山門は従来の檜皮葺屋根から建立当初の栩葺屋根に復原され、国内に現存する最大の栩葺建造物として甦りました。

 善光寺では、この修復完了を記念して、約40年にわたって中断されていた二階への登楼参拝を、平成二十年(2008年)から再開いたしました。内部では山門本尊の文殊菩薩像、その四方を守護する四天王像、色鮮やかに修復された仏間の障壁画、四国八十八ヶ所霊場御分身仏などをご覧いただくことができます。
 また、平成二十三年(2011年)からは登楼参拝の記念として、二階から見渡せる善光寺表参道の眺望を、お手持ちのカメラで撮影いただけるようにいたしました。



善光寺参道から山門をのぞむ
善光寺参道から山門を眺める



善光寺山門(重要文化財)
重要文化財「善光寺山門」



山門参拝入り口(大人500円)
山門参拝入口(拝観料500円)



二階に至る急勾配の階段
2階に至る急勾配の階段




山門二階からの眺め(仁王門が見えます)
山門2階からのながめ


山門から撮影した稚児行列パレードの様子です。
子供たちが着飾ってとてもかわいかったです。

※You Tubeサイズでご覧になる場合は、画面右下のYou Tubeをクリックしてください





山門に掲げられた「善光寺」の額・・輪王寺宮公澄法親王の親筆。5羽の鳩がひそんでいます
山門の掲げられた「善光寺」の鳩字




「善光寺」の額・・山門二階で撮影
山門2階より撮影「善光寺(鳩字)」




「善光寺」鳩字の由来  5羽の鳩の場所はわかりましたか
善光寺鳩文字由来



山門二階より北東を望む
山門2階より北東をのぞむ




山門二階より南西大勧進の池を望む
山門2階より南西をのぞむ



山門二階より西側大勧進本堂を望む
山門2階より西側「大勧進」をのぞむ




山門二階からの眺め・・稚児行列
山門2階からの稚児ご行列の風景







善光寺へ向かうお稚児さん
お稚児行列




お稚児さん記念撮影
お稚児さん




お稚児さんと善光寺本堂
善光寺本堂(国宝)

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

桜上水の小さな寺

下高井戸駅から日大通り沿いに歩くと、まもなく日大文理学部、日大桜ヶ丘高校が見えて
きます。さらにその先へ進むと、静かな住宅街の中に小さなお寺があります。名前を「密蔵院」
といい、真言宗のお寺です。

この寺の縁起は戦国時代末期の天正年間にさかのぼります。案内には「慶長三年(1598年)
世田谷城主吉良氏の家人でこの地の地頭、鈴木新平重貞の子但馬定宗(養子)が頼慶和尚を
住職として開いた」と書かれていました。

境内には「水琴窟」があり、耳を澄ませると、キーンキーンと独特の音が聞こえてきます。
シーズンは過ぎてしまいましたが、この寺のさくらは「密蔵院のしだれ桜」として有名です。


世田谷区桜上水二丁目「密蔵院」
密蔵院 真言宗(豊山派)


世田谷区教育委員会の案内版
密蔵院のいわれ



密蔵院参道
本堂をのぞむ



密蔵院本堂
本堂



草木供養塔
草木供養塔



お大師像
お大師様




仏足石(ぶっそくせき)
仏足石(ぶっそくせき)



水琴窟
水琴窟




密蔵院境内
密蔵院境内



密蔵院入口付近
密蔵院入口付近

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

一陽来復(金融融通のお守)穴八幡宮

今年も「一陽来復御守」を貼る最終の機会が近づいて来ました。
一陽来復の御守りは、穴八幡宮(東京都新宿区西早稲田)で冬至から節分まで毎日求めることができます。この御守を御祭りする日時は、冬至、大晦日、節分の日の夜中の12時と定められています。御祭りする場所、方角も毎年定められていて、今年は亥子(いね)(真北から少し西よりの方向)の方に向け反対側の(南側の)柱か壁の高いところに貼るとされています。

一旦祭られた御守は一年間動かすことはできず、万一落ちた場合は、貼りなおさず神社へ持参し納めることとされています。(移転などの場合も同じです)

今年も福が一年間回りますように!お金が回りますように!


石段入り口の「石の亀」
穴八幡宮入口「石の亀」

一陽来復
穴八幡宮石段


穴八幡石段
穴八幡宮石段続き


社殿
社殿入口


古い御守はここへ返します
お札返し所

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

天台宗輪王寺(両大師開山堂)上野寛永寺隣

輪王寺(両大師)は、上野公園にある東京国立博物館の東側にあります。上野公園の敷地はもともと、天台宗別格大本山寛永寺の境内でした。輪王寺はもと寛永寺の伽藍の一部で開山堂と呼ばれていました。
寛永寺の開山慈眼大師・天海は寛永20年(1640年)に亡くなり、翌年現・輪王寺の地に天海を祀る開山堂が建てられました。その折、天海が崇敬していた慈恵大師・良源を併せて祀ったことから「両大師」と呼ばれるようになりました。

輪王寺(両大師開山堂)入口
天台宗輪王寺(上野)


輪王寺入口の門
輪王寺入口(上野)


両大師の看板
両大師の看板


手水舎(ちょうずや) 龍の形をしています
手水舎(ちょうずや)


本堂:戊辰戦争の上野戦争(1868年)では焼失を免れましたが、1989年の火災で焼け、現在の本堂は
1993年に再建されたものです。
本堂


阿弥陀堂:門をくぐったすぐ右手にあります。中央は南無阿弥陀仏、右手は南無虚空菩薩、左手は
南無地蔵大菩薩
阿弥陀堂

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

Author:tamachan
ボウスBOWS・ダイエット・健康食品ネットショップ「サプリタウン」
たま店長のブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。